読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんたろう闘病記

愛猫のにゃんたろうが腎不全でなくなってしまいした。その闘病中の出来事や治療、その後の事についてなどを綴ります。猫ちゃんを飼っている方の参考になれば幸いです。

にゃんたろう闘病記 1日目 慢性腎不全のサイン

こんにちは、ちとせです。

 

愛猫のにゃんたろうが慢性腎不全になってしまいました。

f:id:chitosefuku2:20170210234341j:plain 痩せちゃったにゃんたろう

数値的には末期なんだそうです。

 

昨秋にぐったりした状態になり、あわてて病院に連れて行きました。

2週間毎日点滴に通い、なんとか持ち直しました。

以来週1~2で点滴に通う毎日です。

まだ9歳です。16歳ぐらいまで一緒にいられると思っていたのになぁという感じです。
 

 

猫は加齢により腎臓を悪くする子が多いんだそうです。

慢性腎不全の分かりやすいサインは以下の5つです。

 

・お水をよく飲むようになった

・おしっこの回数が増える

・おしっこの臭いが薄くなる

・元気がなく、えさも食べない

・毛艶が悪くなる

 

にゃんたろうの場合は、おしっこの回数が多く、臭いが薄い事に気づき、

検査をしてもらいました。

 

もし飼っている猫ちゃんが8歳ぐらいでしたら、

水を飲む頻度やおしっこの回数、臭いに注意してあげてください。

 

残念ながら完治はしない病気ですが、早期発見で病気の進行をゆっくりにする

ことはできます。

 

検査は、尿検査か血液検査になります。

 

私は尿の採取が出来なかったので、血液検査をしてもらいました。

確か、一万円弱かかりました。尿検査なら2千円?ぐらいかもです。

 

気になる方は早めに病院へ連れて行ってあげてください。

 

最後まで読んでいただき、有難うございました。